読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔出しOKのイケメン&覆面プロジェクト?!POINT Gが5/27にVENTでLIVEを披露!

こんにちは。DJ FGRです。

今週土曜、5/27は『POINT G -LIVE- @ VENT』の開催、それに先駆け、そろそろ恒例になってきたかな?と勝手に思っているゲストアーティストの紹介をまとめてみました。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

POINT Gは「DJ GREGORY」というフランス・パリのHOUSE DJによる覆面プロジェクト。

 

元々はDJ GREGORYとして、アフロ&トライバルなハウストラックを中心に数十枚ものリリースを行い、「Elle」や「Block Party」といったHIT曲を飛ばしていたり、かの有名なハウスレーベル「Defected」からMIXCDをリリースしていたり、そのトラックがBODY&SOULでプレイされたり、など、パリを代表するHOUSE DJとして活躍しているアーティストです。「Bob Sincler」や「Dimitri From Paris」と並び立つ…」みたいなことがクラベリアの紹介文には書かれていますが、それくらいの有名人です。

 

ただ、DJ GREGORYはここ活動していないようで、今現在は今回LIVEを披露してくれる「POINT G」名義としての活動が精力的のようです。

 

POINT Gはファーストリリースが1997年。DJ GREGORYと並行して、この名義では緩やかに活動を続けていたようですが、自主レーベル「POINT G」を2013年に立ち上げて以降、DJ GREGORY名義と入れ替わるように活動を活発化させています。

 

そんな彼の作るトラックは一言で表すと、HOUSE DJから見ると「これぞDJツール!」、そしてMINIMAL DJから見ると「アッパーなハウス!」という感じかな、と思います。

アタック感の強いキック+ハット、そして太くブリッとしたベースラインを基本的な構成要素とし、引き締まった、いわゆるタイトなグルーヴが特徴的。そのノリは、どちらかというとシカゴハウスに近いトラックが多く、(特にリズム帯は)音圧が高めで、聞く人の体を浮かび上がらせてくれるPump'in?な雰囲気が漂ってます。使いやすいトラックが多くDJとしては非常に重宝しています。

なお、すっごいどうでも良い話なんですが、Twitterで「POINT G」を検索したら、GカップのことをPOINT Gと呼んでいる人たちがいるみたいですが、そんな”ふくよか”な音はしておりません。どっちかという細マッチョなハウスという印象です。

 

そんな彼、5月末にファーストアルバム『The Point G Experience』をリリースします。とはいえこの人、元々2枚組みシングルやら、LIVEレコーディングのアナログカット3枚組みやら、お蔵入りトラックを纏めた2枚組みヴァイナルなんてのをリリースしているので、ファーストアルバム感は全く感じませんが。。。さておき、97年にリリースされた「Sous Presson」などの過去作も含めた15曲入りで、アルバムっぽい内容になっているよう。

敢えて言おう、、、「待望のアルバムだ!!」

 

その曲、「Sous Presson」の試聴はこちら。その他トラックはこのBLOGを書いている時点でまだ公開されていませんが、今回のLIVEではおそらくこのアルバムから多数プレイされることになると思いますので、チェケラ!ですよ~

 

ではこのPOINT G、どんなライブをやるのでしょう??ということで、動画を探してみました。

 

まずは昨年のLONDONで披露したLIVE。MIXMAG関連のパーティです。

昨年リリースされたLIVEアルバムのトラック満載!ラップトップにmidiコンのシンプルな構成。22分辺りからグッと落として、そこからアゲていく展開、生で聞いたら痺れそう。。。

また音楽関係ないですが、時折VJっぽく関係ない映像が混ざるのと、あとGregoryがイケメン過ぎてドキドキします。

 

続いて2つ目。こちらも同時期のLIVEセットですが、なんかゴージャスなところでやってますね。THANX GOD RADIO PARISというPODCAST?の映像と思われます。

先ほどのLONDONでのLIVEは1時間だったのでアゲめのセットでしたが、こちらは3時間セット。出だしは非常に地味なミニマルから、段々とハウス要素が強まっていきます。今回POINT Gのプレイ時間は2時間ということもあり、こんな感じの内容になるんではないかな?と予想。その手前でプレイする私次第なところはあるかもしれませんが、、、

とにかく、予習にはこちらが良いでしょう。

 

他にも前述のLIVEレコーディングされたアルバムもあります。アナログでは1曲ごとに区切られています。

 

LIVEの紹介はこのあたりにしておいて、POINT Gのリリースを追いかけてみます。

 

まずPOINT Gは基本的に2013年~の自主レーベル「POINT G」からのリリースが大半で、これまでに9枚のシングルを、一部除きヴァイナルオンリーでリリースしています。その中には2枚組みEPといったシングルとは思えない内容も含まれているので、リリース枚数に比べて作ってきたトラックは決して少なくありません。

自主レーベル以外のリリースとしては、そもそもファーストシングルは前述の97年リリース「Sous Presson」を含む「The Raw EP」をYellow Productionsよりリリースしていますが、2013年までの間は3枚のヴァイナルリリース、またInnervisionzのコンピ参加などに留まり、その頃はDJ GREGORY名義の活動の方が活発だったようです。

 

彼のリリースの中で特筆すべきはミニマルDJ御用達、Cabanne大先生の主催レーベル「Minibar」から2枚組みのお蔵入り音源集をリリースしていること。

元々POINT G自体はハウス・ミニマル界で注目を集めているアーティストだったかと思いますが、このリリースは個人的に「あ、この人はやっぱりMINIMALなんだ」という事を思わせる印象的なリリースでした。

Cabanneも認めるアーティストってことですね!

soundcloud.com

 

そんなMINIMALにもHOUSEにもアプローチをするPOINT G、ニューアルバムの内容も楽しみですが、それをどのようにLIVEでブレンドしていくのか?ベテランならではの完成されたグルーヴで踊りやすいLIVEが聞けると良いな~と思います。

彼のインタビュー等を漁ってみると、DJ GREGORY名義の曲をREMIXしてプレイしたりもしているそうです。もしかしたら往年のあの曲も聴けちゃうかも…?!ということで、MINIMAL好きも、HOUSE好きもみんなみんなで是非遊びに来てくださいね。

 

一緒にプレイして頂くSTEREOCiTIさんはMojubaからの2枚のアルバムを含む多数のリリース、そして現在ベルリンで活躍している、世界に認められた言わずもがなの超実力派だし、オープニングに指名したMachikoもグルーヴィなミニマルハウスをプレイするナイスDJです。

ROOM2にはINITやFasten Musique Concreteで活躍中のSinob Satosiさんを筆頭に、Naoshiさん、Chuntaroさん、DAIYさん、SAYAちゃんと各所で活躍されている方々を招致し、こちらも見どころが満載です!

そして私自身、ミニマルとハウスの中間をプレイするのが最も得意。いつもは試行錯誤の上、場に馴染む曲と攻めの曲とを揃えていくことで手一杯ですが、今回は自身のDJのイメージが沸きやすくって、いつもより深いところで選曲をすることができていて、これまでになく良いプレイが見せられるんではないかな??と思いながら、準備を行っています。期待して良いよ!

 

ということで、気になる方は是非ともご連絡くださいな~!

 

イベントページはこちら。

== Facebook ==

https://www.facebook.com/events/1182230331899241/

 

== Resident Advisor ==

https://jp.residentadvisor.net/event.aspx?958053

 

 

(DJ FGR)