読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zaki- DJチャート (2016/12-2017/1)

zakiです。12~1月のチャート更新しました。
12月は年末ということでリリースも少なめでした。1月と合併号でご容赦ください。12・1月もいい曲たくさん出てました。1位の曲とか泣けますよ~お勧めです。

さて2月・3月と楽しみなDJオファーいただいております。
まず2/25(土)はSHINICHIRO YOKOTA PRESENTS “DO IT AGAIN AND AGAIN” RELEASE PARTY@CIRCUSにてDJです。是非遊びに来てください。
Shinichiro Yokota presents “DO IT AGAIN AND AGAIN” Release Party « CIRCUS Tokyo
その後のスケジュールはDECK THE HOUSE各メンバーの動き含めこちらでチェックをお願いします。皆活発に動いております。
Resident DJ Schedule - DECK THE HOUSE BLOG

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.Markus Enochson feat. Marcus Andersson - Don't Let Me Down Easy

Markus Enochson feat. Marcus Andersson - Don't Let Me Down Easy - Lighthouse Records Webstore
Markus Enochsonというベテランによる、久々の1枚。泣ける…。号泣です。A1◎ 個人的にも久々にグッときたエモい歌モノハウスです。哀愁感漂う歌が冬場に合うし、コード感も気持ちが良いですね。トラックものでビシバシやった後に朝方コレがかかった日には…男泣きです。
Don't Let Me Down Easy=がっかりさせんなよ!


2.V.A - La Fete EP (Un Hommage A Luc Marianni)

VARIOUS ARTISTS - La Fete EP (Un Hommage A Luc Marianni) :12inch: Newtone records

XTAL氏のTwitterで前からリリースがあるとアナウンスされて、なかなかリリースされないなと思ってましたがいつの間にかリリースされてました。汗 ポジティブな空気で満たされた、朝日が出てきたタイミングにバッチリな美しいトラックです。野外ってシチュエーションにもハマりそう。&使いどころが悩ましいですが意外とB面も◎ 年末のGONNOさんとの二人会もよかったXTALさん。素晴らしい!

3.Kerri Chandler - Six Pianos (incl. Loco Dice Remix)

Kerri Chandler - Six Pianos (incl. Loco Dice Remix) - Lighthouse Records Webstore
ハウス好きには説明不要、大御所Kerri Chandlerによるキラーきました。自身のレーベルKaoz Theoryより。オリジナルはアトモスフェリックな雰囲気で派手なトラックではないんですが込み上げ系で〇 ボトムもシンセもがっちり強化したLOCODICEのリミックスは更に◎凄くパワフルなトラックで、しっかりピーク感を演出してくれそうです。早くかけたいし、かけられるタイミングが欲しい。笑 ※リンクはオリジナルです。

 4.KiNK - Chorus

KINK - CHORUS - TECHNIQUE :: テクニーク

少し前に出た音源です。2016年のTAICO CLUBにも出てましたKINKの新譜。コチラも上記同様、かなりのキラー加減です。ブレイクのドラムロールがちょっと恥ずかしい感じもあるんですが、抜群の仕上がりです。こちらシンガポールのMidnight Shiftというレーベルからのリリースなんですが過去にはMr.GやTERRENCE PARKERなどの骨太なテックハウスをコンスタントにリリースしていて世界中に様々なレーベルあるなと改めて思ったり。こちら1/9DECK THE HOUSE@OATHで使いました。

 

5.Anonym - Castaway EP

Anonym - Castaway EP - Lighthouse Records Webstore

老舗Bass Cultureからデトロイトの気鋭Anonymのリリース。全部いいんですがB1◎ 視聴は地味に聞こえるんですが、個人的に丁度良いテンションのトラック。地味なトラックものから上げる前に挟みたい。ジワジワテンションをあげるのにピッタリです。重宝しそうな予感です。

6.Sakro - No Time To Explain EP

Sakro - No Time To Explain EP - Lighthouse Records Webstore

ドイツのテックハウスレーベルRaum...Musikから(RICARDO VILLALOBOSとかリリースしてます。)Sakroというブラジルの新人だそうです。タイトル曲のB1◎ しっかりした低音でやや走り気味なリズム体になんともいえないシンセが「おっ?」となりそうなトラック。下げてる時に突然パッと入れても良さそうだし、上げてるときに入れても良さそう。色々試してみます。笑

7.Fantastic Man - Galactic Ecstasy

http://lighthouserecords.jp/?pid=110668737

Fantastic ManによるPhillip Lauer一派のニュー・レーベルKitjenからの一枚。Fantastic Man何枚か持ってますがこの人作品によって作風が結構違います。

①2011年Kolour LTDからの1枚。デトロイト~ビートダウン風
Groove With You - Fantastic Man [Kolour LTD] by Fantastico | Free Listening on SoundCloud

②2015年LOVE ON THE ROCKSからの1枚。アーシー。

B2 Fantastic Man - St. Elmo's Theme by LOVE ON THE ROCKS | Free Listening on SoundCloud

どんな作風の時でもクオリティが高いんですよね。今回はアシッドでシンセが利いたクールな1枚。DJ見たい気持ちもあり、話してみてバックグラウンドを知りたいという気持ちもあります。日本こないかな~。

 

8.DJ Sotofett / Vera Dvale - Soukas Mix / Dybden

DJ Sotofett / Vera Dvale - Soukas Mix / Dybden - Lighthouse Records Webstore

最近いつにもましてパーカッシブなリリース多いですね。こちらACID ARAB(今年のTAICO CLUB出るらしいですね)的な中東ネタ。入荷すれば速攻でなくなり中古もバカ高いでおなじみ(笑)SEX TAGS MANIAを運営する兄弟の弟・DJ SOTOFETの作品です。曲のトーンに比べて意外と速いパーカッシブなオケに中東なサウンドが延々乗ってくる蛇使いのテーマ的な曲です。原宿BONOBOの早い時間に似合いそうだなーと勝手に思ってます。

↓↓↓↓↓ここから手に入れたかったシリーズ↓↓↓↓↓

Young Wolf (Young Marco & Wolf Muller) - Kabuki

Young Wolf (Young Marco & Wolf Muller) - Kabuki - Lighthouse Records Webstore
良作連発なYoung MarcoとWolf Mullerの共作です。注目はA面!「この音なんだっけー??口に挟んでビヨビヨいわすやつ!!」…コレ「口琴」という楽器らしいです。口琴を大胆に使ったパーカッシブなトラックです。こんなの流れたらバーで喋っててもDJ見に行っちゃいますよね。B面はそんなに珍しい感じではないですが〇 日本で入れている店が少ない模様。すぐに売り切れてました。こちらリリースしているThemes For Great Cities、かなり風変わりなトラック連発してますね。

Blue Mondays / Lonely C + Baby Prince / 1979 Edits - Gator Boots Vol. 8
Blue Mondays / Lonely C + Baby Prince | PIGEON RECORDS ピジョンレコーズ
※視聴は上記リンクからお願いします。
最後。手に入れられてないんですがこれから再入荷次第で手に入れたい1枚。SOULCLAPのエディットなんですが、まさかのThe Smashing Pumpkins「1979」のエディットです。スマパンは高校1年生の時に同級生から教えてもらってから、ずっと聴いているアーティストでホントに好きなので、「コレは~!」となりました。今聞いてもいい曲ですね!

この曲のリフの元ネタがスマパンだと知った時の衝撃たるや。笑

 ↓ 元ネタ

 
以上、また来月!