読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zaki - DJチャート (2016/4)

zakiです。
チャート書き終えなきゃと思いながら早くも5/31日!5月が終わろうとしてました。笑。4月はここにあげてないものも含めいつもより硬い曲をよく買った月でした。よくよく考えるとよく買うレーベルのリリースが(入荷が)無かったんだと気づきました。笑 そういうのも新たな音楽の出会いの機会なんだな~と振り返る5月でした。そんな4月チャート。是非チェックしてみてください!

 

1.Paul Woolford - Forevermore

Paul Woolford - Forevermore - Lighthouse Records Webstore

Running Backの最新作。UKの大物Paul Woolford。(先日来日してました)
3月リリースですが4月に買いました。キラーすぎてヤバい。満場一致!(俺だけか?笑)鬼のようなピークタイムチューンです。クリアなピアノリフとシャープなリズムでグイグイと持ってかれます。暫くどこかしこでかかりまくりそうです。(1回は聴きました。笑)

 

2.Aroop Roy - Reworks Part 2

Aroop Roy - Reworks Part 2 - Lighthouse Records Webstore

アフロネタのエディットが毎度外れないAROOP ROYの新作。
特にB1のUm Trago。アフロネタ×ビートダウンのプロデューサーが使いそうな音色のシンセが意外とマッチしていて、抜群のピークタイムチュ-ンに仕上がっています。ブレイク長いのが玉にキズ…データに取り込んで短くしようかな~と思案中です。

 

3.LNTG - Tuff Cuts Vol. 10

LNTG - Tuff Cuts Vol. 10 - Lighthouse Records Webstore

昨年末に出たI Get Deeperも良く使いました、Late Nite Tuff Guyの新作です。
これ実は超高値だったLNTG* - Dessert Island Discs 007 (Vinyl) at Discogsの2曲が再録です。特に"Paradise"や"glow of love"で超有名なディスコグループChangeの名曲"Hold Tight"をさばいたリワークの"Hold Tite"が最高。原曲がいきなり歌で始まり使いどこが限られていたので(原曲は明るい曲のフェードアウトに被せてかけるといきなり夜(色)っぽくできるのでそれはそれでアリなんですが。笑)こちらはがっつりミックスできます。Sadeの"I Never Thought I'd See The Day"のリワークも嬉しい!Record Store Day限定盤!

 

4.V.A. - Skylevel08

V.A. - Skylevel08 - Lighthouse Records Webstore

 EditシリーズのSkylevelの8番。
A1は最近動きがまた活発なNebraskaのEdit。ファンキーでうねるベースラインと、子供の声らしきサンプルのチョップ加減がいい感じです。&不穏なラッパ。笑 B1はパーティーの早い時間に使いたい。 Soundstreamのリリースが好きな人にもオススメです。

 

5.Brothers' Vibe - BV Re-Cuts #2

Brothers' Vibe - BV Re-Cuts #2 - Lighthouse Records Webstore

B1のWords To A Nationにピンときて買いました。アメリカの詩人Maya Angelouという作家の有名な詩 "Phenomenal Woman"が入っていて、女性の内面の輝きについて語られています。いい詩です。(英語が得意じゃないので、外国人の方を不快にさせないように意味は一応調べます。笑)そしてそして、実はA1がかなりぶっ飛んでて最高です。地味目にグルーブキープからの投下でワーッと…なるはず。笑 夜中に使いたい一枚です。

 

6.Manmade Science - Chitown
※視聴ありませんでした。リンク先でお楽しみ下さい。

Manmade Science - Chitown - Lighthouse Records Webstore

lighthouseさんの押しはAですが、個人的にはB面!
SOULPHICTIONのPhilpotからManmade Science(Soulphictionがメンバーのようです。)スモーキーな質感にファンキーなベース。女性の変わった声ネタがかぶった思わず反応しちゃうトラック。ベースライン・リズムともにグッドです。Manmade Scienceって今までパーカッシブなビートダウンなイメージでしたがこれはキレがあって好きです。先日高円寺Knockでプレイしたんですが低音が図太いので注意が必要です。

 

7.Terr - Burn The Past

Terr - Burn The Past - Lighthouse Records Webstore

Scuba主催Hotflush Recordingsの最新作です。押しはB2。
シンセのリフでグイグイ直進するテクノになってます。今の私にはいい塩梅です。ベースの音がアクティブのエレキベースみたいな感じでちょっと懐かしい感じ。笑 Terrさんブラジル人でキャリアある人みたいですが美人ぽいですね。笑

 

8.Doomwork - Nihil Sine Sole

Doomwork - Nihil Sine Sole - Lighthouse Records Webstore

吸い込まれる感にピンときて珍しい感じのを買いました。イタリアのDoomwork。OVUMでリリースしている人との事で、パリッとしたクリアな仕上がりです。4曲全部使えるんですが特に潜っていくような感覚が気持ちよいB1。全体的にクールでナイスです。

 

9.Kalawila - Krokodil Nar Vasteras

Kalawila - Krokodil Nar Vasteras - Lighthouse Records Webstore

スウェーデンのレーベルBoss Musicから、ストックホルムのKalawila。両面使えるトラックもの。特にB面はパーカッシブで良い感じで走ったトラックで良い感じ!個人的には後半不穏すぎると思うので早めにミックスしたいです。

 

10.Breakbot - Get Lost Remixes (incl. Emperor Machine Remixes)

Breakbot - Get Lost Remixes (incl. Emperor Machine Remixes) - Lighthouse Records Webstore

ED BANGERのbreakbotの「get lost」のremix。ネオン煌く80年代感なremixです。
一押しはThe Emperor Machine Dubなんですがサンクラなし。不穏なキレ気味感が狂気な感じでハッとします。レコ屋リンクでご確認を!Record Store Day限定盤!

  
~チャート書いていてふと思ったこと~
そういやRecord Store Day限定ってどんな意味なんでしょうか。Record Store Dayじゃなくてもレコードって300~500枚くらいの数量限定ですよね?…再発しないってこと?不勉強ですみません。笑


以上!また来月。